<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 年賀状 | main | 慰労会 >>

見ちゃった

徳島?だかの絶壁のワンコ
救出作戦をテレビで見ちゃった。
助かってほしい。
けど、悲しい事にならないでーって、思ったらテレビ消してた。
なぜそこにいっちゃったのー
alice-club * ひとこと日記 * 07:45 * comments(8) * trackbacks(0) * - -

コメント

女の子な気がする。
落ちても、安全なマットを敷いて欲しい。
六日もなんて、救助にかかる時間が長すぎると
みのが朝ズバで言ってたけど
そうだよね・・・

バイト。。すてきーーーー!
Comment by きよちゃん @ 2006/11/22 9:11 AM
あーーー助かったね!
よかったよぉー
とても、見てられなかった!
引き取りたいっていう人がいっぱいいるとか!

ていうか、飼い主いるんでないの?
つか、飼い主どうしたんだ?!

1週間も飲まず食わずにいたら、うちのひ弱なたらはもうだめだよ。
まるは、野生っぽいから生きてそうだけど・・・。
すごい生命力だね!これから楽しい人(犬)生がおくれますように!
Comment by Alice @ 2006/11/22 7:02 PM
野良犬らしいよ

1週間もかかったのは、近所の人が保健所や警察に言っても
そのうち自力で下りるだろうから様子見ようってことになったらしい
んで、マスコミが取材に行くようになって、昨日レスキューが出動したんだってさ〜

無事で本当に良かった
Comment by vinca @ 2006/11/22 10:20 PM
良かったよ、あの網に落ちて。
そっかー、。マスコミが動かないと遅いよね。
ネットはさー竹で組んで完璧だったよね。

でもさー人間だって自力で降りれないのに
無理だよね!

まるちゃん・・野性っぽいんだ・・
素敵ー!
Comment by きよちゃん @ 2006/11/23 12:42 AM
vinca、やっぱみてた?!
って、日本中見てたよね!

マスコミってやらしいなって思うことあるけど、人を動かす力はすごいね。
何年かたったら、「危機一髪!奇跡の瞬間!カメラは見た!」みたいな番組で絶対使うよね!

野良犬だったのかー、子犬のうちに母犬のとこからはぐれたのかもしれんし、捨てられてたのかもしれんね。
生命力すごいし、このこは生かされる星の下の生まれた子だったのかもしれんね。
Comment by Alice @ 2006/11/23 11:30 AM
きよちゃん、あそこは人間は降りられないわ。
フリークライミングをやる人ならいけるかもしれん!とか思ったけど、普通の人間には無理だよ。
スパイダーマンはアメリカ在住だしさー

記事で読んだだけで、実際の映像はみてないんだけど、竹であんだバネのあるネットだったの?
やるね〜〜〜!
助かってよかったよー

まるはね、うちにきてからすぐに脱走。
交通事故にあって動けずに道にいたところを、近所の人が保護してくれてたんだ。
そのまるを引き取りいったら、普通に伏せてたよ。骨折2箇所あったのに強いっす。
こないだ、乳腺腫を手術した時、いろいろあったんだけど、麻酔せずに縫合もさせるし、血がにじんだでかい傷しながらも、病院のケージで、ひっくりかえって大の字になって爆睡してて、看護の方なんか、死んでると思ったらしいよ。
Comment by Alice @ 2006/11/23 11:41 AM
もっと原始的な手作り網って感じ・・・
まだ見れるかなぁ〜
http://www.news24.jp/71680.html
http://www.news24.jp/71711.html
http://www.news24.jp/71715.html
http://www.news24.jp/71751.html

犬って弱みを見せないって言うけど、
まるちゃんすごすぎ!!
元気だから武勇伝だけどさ、
痛いときは痛そうにしてくれないと
病気発見が遅れそうで怖いよね
Comment by vinca @ 2006/11/23 3:23 PM
vinca、日テレページ見れたよ〜
なるほどねー、ありがとー!
ほんとに奥行き浅い足場のとこによく落ちずにいたね。
つぶらな瞳のかわいい子だわ。

まるね、そうなのよ、心配なとこでもある。
乳腺腫は取ったけど、まるはできものよくできるのよ。
来た時からなの。
だから、人間も飲んでないのに、犬たちには高いサプリメントを飲ませているよ。まあ、できるだけの注意はしてあげたいって気持ちだね。
Comment by Alice @ 2006/11/24 7:52 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ